私のカメラ遍歴

小学生のころ買って貰ったベビーミノルタから現在まで、写真撮影に対する情熱は時期によって強弱はありますが、カメラは常に私の手元にありました。
新機種の購入時に下取りに出して、現在手元にないカメラもありますが、主要なカメラはほぼ残っています。
ここに掲載するカメラは、私の貴重な思い出の一部でもあります。


1960年頃 Nicca 3−F  初めて持ったレンズ交換のできるカメラです。
ライカとまではゆかなくても、ニコンやキャノンも買う経済的余裕がありませんでした。
それでも無理して買ったカメラです。
無名に近いカメラですが、本格的なダイキャストボデーで、ずしりとした質感もよく、フォーカルプレーンのシャッターは今でも気持ちよく稼動します。大変よくできた懐かしいカメラです。
質の良さから判断して、小さな工場で、カメラ好きのオーナーが、採算を無視して、趣味で作ったカメラではないかと思うほどです。
これからも大切に保管します。

当時、アマチュアカメラマン垂涎の的だったニッコールレンズが付いているのがウリでした。

懐かしい丸い形のフィルム巻き上げノブ。
.
1965年頃  オリンパスペン D
カメラ熱が下がっている時期です。
レンズはF.Zuiko F1.9 32mm
もっぱら旅行でスライド写真を撮りました。
ファインダーのダイキャスト部が腐食してみすぼらしいですが、素晴らしいカメラでした。
..
1970年頃 コニカ C35 
懐かしい小西六の製品
レンズはHEXANON F2.8 38mm

小西もこの頃は元気があって良いカメラを作っていました。
.
1975年頃 フジカ デート
旅行専用です。
カメラに初めて電池が入り,フラッシュがビルトインされました。
しかし露出計がなくピント合わせも、手動でした。
1980年頃  ライカM−4
維持管理には現在でも気を使っています。全く使いませんがちょっとした点検でも数万円かかります。
先日ファインダーに曇りが出ていたので掃除に出したら、1万2千円でした。 もちろん日本にライカの出先があります。
オールブラックの重厚な感触
すききりしたデザインです。
..
1985年頃  ペンタックス MEsuper
一眼レフ全盛のころ、小型軽量が気に入って買いました。
ズームレンズが普及し始めた時期で、左端が初めて買ったズームレンズで(1::2.8〜40  40〜80mm)ズーム比は僅か2倍しかありませんでした。
短期間で無理して交換レンズを揃えましたが、故障が多くてあまり使わない内にお蔵入りし、.現在も故障のまま保管中です。
...
1995〜2002年頃 (デジカメ購入まで) 下のコンタックスと共に銀鉛(フィルム)カメラ最後のカメラです。
左からFuji Dl−700  ・  PENTAX ESPIO120  ・  MINOLTA Capios75
カメラの機能が急速に進歩し、記録メディアがフィルムであるということを除くと、基本機能は現在のカメラと変わりありません。
電池がないので開いた写真をお見せできないのが残念です。
それぞれ焦点距離が異なり、色味にも特徴があってよく使いましたが、今はゴミになって物置の段ボール箱の隅で埃にまみれています。
...
2000年頃  コンタックス G−1 最後のフィルムカメラです
写真の通り,高級感のあるチタン外装の非常に洗練されたデザインで、手にも馴染み易いカメラです。
このカメラから、駆動に電池を使うようになり、露出もピントもオートマティックになりました。
上のカメラと機能はほとんど同じですが、これはゴミではなく大切に保管してあります。
カメラグランプリ'95を受賞しただけあって大変使い易く、デザインもすっきりしています
ゴールドがかった鏡筒のの色が大変気に入っています。
レンズの交換ができるのに、その交換レンズを買わないうちに製造中止になりました。
現在装着のレンズは、カールツアイス
Planar 2/45。
.
2000年頃   キャノン EOSkiss
一眼レフも大衆化時代となり、あまりの安さと軽さに衝動買いしてしまったカメラです
2、3回旅行で使っただけで、デジカメに移行ましたので、全く使わなくなり私にとっては寿命の短いカメラです。
デジカメの下取りに出したら、店員に「記念にお持ちになっておられたほうが・・・」と気の毒そうに言われましたので、心ならずも手元に残っています。
ただ交換レンズは、デジタル移行後も2、,3本は使っています。
.