拾ってきたメダカ その後(続編)

昨年(2011年)9月、台風で浸水した畠に水溜まりができていました。
台風の後、その水溜まりにメダカが迷い込んでいましたので、わが家で飼うことにしました。
2011年9月 アップロード済み    
・・・あれから約9カ月・・・そのメダカのその後の人生(魚生?)です。



古い火鉢を利用した現在のメダカのマイホームです。室内の小さい水槽からここに引っ越し、太陽の下で広々と暮らしています
 
丸々と太って元気に泳いでいます。

みな大きくなって拾ってきたメダカがどれか分かりません。

水温が上がると産卵すると聞いたので、入れてあるホテイソウを引き上げてみると・・・(5月2日)

根に小さいメダカの卵が産みつけられています。

よく見ると、日が経つにつれて黒い眼らしいものができています。

孵化直前です。

孵化した稚魚は親に食べられてしまうので、これを別の入れものに移して孵化させます。

メダカの卵が産みつけられたホテイソウを別の容器に入れると・・・

下の写真をクリックするとメダカの赤ちゃんのスライドショーがご覧になれます。 
写真は約5秒で自動的に次の画面になります。 出た写真をクリックしても 右上のボタンからでも 次の画面に進ことができます。