山陰に秋を訪ねて>
津和野の秋

山陰の小京都というキャッチフレーズにつられて、秋の津和野を訪れました。  しかし、秋はもう終わに近づいていましたし、小京都などというのはおこがましいというのがホンネ でした。 郷土史的には価値があるところだとは思いますが、旅費を払ってまで行くほどの・・・・と思いました
メインの通りと 傍の小川に泳ぐご自慢の鯉を見ただけで 他にまわる元気もなく帰りました。

下表の写真をクリックするとスライドショーがご覧になれます。 
写真は約5秒で自動的にチェンジしますが、その写真をクリックしても、右上のボタンからでもご自由に写真のチェンジができます。